INTERVIEW

障がいを乗り越え
さらなる高みへ進むチームリーダー

Daisuke(ITサービス部)
担当業務:運用・保守

経歴

20代半ばで、IT業界に興味を持ち、無知識未経験で飛び込み、データセンター業務・セキュリティ機器運用に携わった後、2010年にアイエスエフネットに入社しました。
オペレータ・オペレータリーダー・運用案件の立ち上げ等を経験させていただいた後、現在はサーバ・インフラの運用保守業務に従事する傍ら、チームマネージャーとしてお客さまや配下メンバーとのマネジメントを担当しています。

ISF NETへの入社のきっかけは?

私は前職で体調を崩した際、顔面神経マヒに罹患してしまい数か月という大きな時間の空白が空いてしまった影響で再就職活動で困難を極めていました。
そんな時、アイエスエフネットの存在を知り、当時の10大雇用(現在のダイバーイン雇用)の考えに共感し、アイエスエフネットの門を叩いたのが切欠です。
当時の面接官の方に掛けて頂いた『誰にでも事情はある。大切なのは今どう考えてどう動くか』という言葉は今でも忘れられません。

今、どのような仕事をしていますか?

現在は主にサーバ・インフラ運用保守、マネージャー担当しています。
大手自動車メーカのインフラネットワーク内に存在するWindowsOS、LinuxOS、アプライアンス製品、そしてクラウドといった様々な環境下のサーバ・インフラに対する運用保守業務に携わっています。
また、運用移管業務のプロジェクトで、マレーシアへ渡航し運用業務の引継ぎを担当したり、新しい運用立ち上げプロジェクトに参画する機会もいただきました。

1日のスケジュール

09:30 就業開始(リモートワーク)→朝礼・メール確認
10:00 定常業務
10:00 サーバログの取得対応
12:00 昼食
13:00 予定作業に対するレビュー
14:00 連携部門からの調査依頼対応
15:00 サーバ設定変更作業
17:30 メール確認、定常業務
18:00 終業

どんな時にやりがいを感じますか?

業務として、エンドユーザからの問い合わせに対して、ただ事務的に回答するのではなく、真のニーズを把握し回答でき、喜んでいただけた時はとてもやりがいを感じます。
同時に、アイエスエフネットのチームマネージャーとしては、チームメンバーのフォローをいかに行っていくか、お客さまが表在的・潜在的に困っている事があれば、弊社としてどのように解決案をお伝え出来るのかを考え、実践していくこともやりがいに感じます。

働く環境

私の担当する案件は、100名超のメンバーが参画しているため、プロパー社員や同業他社のメンバーが入り乱れていましたが、部門間の連携はとてもスムーズだったことを、当時から記憶にあります。コミュニケーションの大切さをつくづく感じております。
現在は、コロナ禍の影響で実施できていませんが、オフの日は常駐先のメンバーと、登山やバイクツーリング、キャンプといったアウトドアに出かけていました。状況が落ち着いたらバイクで遠出をするのを楽しみにしていす。

仕事の目標はどんなことですか?

今の知識・経験に胡坐をかくのではなく、常に最新の技術に目を向けつつ、今後は自身の経験がまだ不足していると実感しているマネジメントの経験を積み、社内外ともに上の工程に携わっていきたいです。
また、現在チームマネージャという立場をやらせていただいている事もあるため、配下のメンバや後輩に対して、色々な情報や知識を発信できればと考えています。

ISF NETへ転職を検討中の方へメッセージ

私も中途で入社しましたが、やる気と意欲があれば、アイエスエフネットは全力でサポートしてくれます。
ご自身の夢がある方も、目指す先がまだ見えない方も、まずは一歩踏み出すところから始めてみませんか?

RECRUIT

エンジニアとして更なる成長を目指す方、ぜひ私たちと一緒にチャレンジしませんか?一緒に成長してくれるエンジニアを募集しています!

RECRUIT